妊娠の兆候から出産後まで

妊娠の兆候かなと思ったときから妊娠中、出産後まで気をつけなければならないことやいろいろな手続きについての簡単アドバイス。赤ちゃんが健やかに育ちますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

子育てに関する間違った認識とは?

a0002_002942.jpg子育てに関する間違った認識とは?


・ほめれば子どもが伸びる
・子どもが言うことを聞かないときは叱ればよい
・子どもは厳しく叱ってしつけるものだ
・親は子どもの指導者である
・アメとムチでしつける



これらは、すべて好ましくありません。子育てに正解はありません。
しかし、ここだけは譲れない、という「芯」のようなものがあるのです。

あふれる育児の情報と経験に頼ったあいまいな子育て。
自分の子育てに自信を持てず、情報に振り回されていると、
子どもの本来の力を引き出すことは難しいのです。


子育ては「愛」だけではできません。「コツ」が必要です。
子どもは大人のかかわり方ひとつでグンと伸びていきます。

そのコツをしらずに、自分の経験やあいまいな方法で子育てをしているのは、
もったいないのです。時代や環境が変わり今、子育てを学ぶ時が来ています。


子育ての「コツ」をギュっと詰め込んだ、
今、爆発的に売れているこの子育て教材。


教員時代のエピソードや,子育て講座講師としての経験を織り交ぜながら,
ワークを通してわかりやすく学べる内容になっています。

 → ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法




私は,小学校教諭時代、前年度いわゆる学級崩壊状態のクラスを
途中から任された経験があります。


その中で,様々な問題と向き合うこととなり、
それをきっかけに学級経営を研究しました。


その時,抜群の効果をもたらしたのが「勇気づけの子育て法」
(アドラー心理学を基礎としたコミュニケーション)でした。


子どもたちと「勇気づけ」のコミュニケーションで関わると,
学級内に短期間でめまぐるしい変化が起こり、感動的な
体験をしたのです。勇気づけの関わりで子どもの中に眠る
「よさ」を伸ばし育てることができると再確認しました。


学校現場で,数多くの親子と関わる中、親と子どもの心理に興味を持ち,
問題行動を起こす(勇気をくじかれた)子どもの後ろには同じく
「勇気をくじかれた」親の存在があることに気づきました。


子どもを勇気づけるには,まず,お父さん,お母さんを勇気づける必要がある!
そう思い,思い切って公立小学校を退職。


現在,教育コンサルタントとして,お父さま,お母さまを勇気づけながら,
子育て講座,講演,心理カウンセリングなどの活動をしています。


困った行動ばかりしていた子どもがグングン自分の「よさ」を発揮し伸びていく,
その方法を知りたいと思いませんか?


また,自分自身を勇気づける方法を知りたいと思いませんか?


1日たった15分、60日間で学べるワーク付きの子育て教材はこちらです。


→  ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法




お客様の声

■Mさん(大阪府在住)
教材の感想としては、今までにないものだと感じています。
子育て本は何冊か買って読んだりしたのですが、


「そんなことはわかってる。それでもうまくいかないときに
どうしたらいいのか知りたいのに」という思いが残り、
あまり日々の生活には活かせていませんでした。


具体的には、たとえば「子どもは失敗するものです。温かく見守りましょう」
「ぎゅっと抱きしめてあげましょう」などは、どこでも言われていることなんですが・・・
いや、そうなんですわかってるんですけど、失敗して温かく見守るってどうやるの?
黙ってニコニコするの? 片づけはこちらがやるの?


その時うっかりガツンと怒ってしまったら、どうしたらいいの?など、
本を読んでいる時はわかった気になっても、実際の場面に直面すると?
だらけで・・・。


結局「きれいごとばっかり!」という不満と、「私はうまく子育てできていない」
という自己嫌悪ばかりがたまっていました。この教材はそういうことが一切なくて、
日々の生活にスムーズに取り込めていて、更にまだ10日ですが、
既に効果を感じられるところに感動しています。


ワークは、なかなかその日のことなのに思いだせなかったりも
するのですが、楽しい気持ちで一日が終われる日がぐんと増えたんだし、
ワークの欄はたくさんは埋まらないけど、それだけでもヨシとしようとか、
そんな風に思えるようにもなりました。


この教材の存在は、たくさんのお子さんの将来を明るくすると思います。
やって本当によかった!と日々感じています。



■Hさん(京都府在住)
実際ワークしてみるのって、読んでするのとは全然違います。
育児に、こと細かな方法論は問題ではないけれど、技術(コツ)が
あったほうがより良い。


こんなときにはこうする というようなマニュアルではなく、
日々の意識・継続したトレーニングの中で、自分を高めていけます。


学校現場でのエピソードや勇気づけの言葉には、
きゅーんとなるようなことばかりで、感動してうるうるしてます。
私の子育ては更に進化し続けています。



■ Tさん(香港在住)
私が即刻購入したポイントは

◎遠隔地で講座に通えなくても学べる。

つまり、海外からでもダウンロードして学べるんですね。
便利な時代に生まれてヨカッタなぁ。

◎ひとりでも取り組めるワークがたくさんついている。

本を読んだだけでオシマイになっていた私には、実際に手を動かして書くこと、
自分の言葉で表現する、という作業が必要だったんです。

これは、「考える」ことが強いられますね。物事をじっくり見つめ、考え、
手を動かすと、読むだけでは得られなかったいろんな気づきがあります。

◎同じ課題に取り組んでいる、ともに学ぶ仲間ができる


これが一番のポイントかも。教材を購入すると参加できる、
こちらの「ぐるっぽ」。(アメーバに登録すれば参加可。無料。)


互いに切磋琢磨できる仲間がいる、ということは、
こんなにも心強いものなんですね。


ワークは、ひとりでも取り組めるように出来ていますが、
どんなふうに進めたらいいんだろう?
何を書いたらいいんだろう?なんて疑問は、この「ぐるっぽ」 で解決♪ 


そして、テキストにもたくさんの事例が載っていますが、
同じテキストで学ばれている他の方の事例も学べちゃう、
ってことですよね。他の方の見方、捉え方に触れて、
あぁそうか!って、改めて気づくことも多いです。


みなさん同じテキストで学ばれていますので、
目の付けどころ、視点が、とても参考になります。


こういった「サポート」的な機能付きの教材、
あまりないんじゃないんでしょうか??


 →  ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法



・ほめれば子どもが伸びる

→ ほめてばかりの子育てには副作用があります。勇気づけましょう。

「ほめ」の弊害が学校現場の実例で学べます。
「ほめ」と「勇気づけ」の違いを知りたいと思いませんか?



・子どもが言うことを聞かないときは叱る 

→叱らずにしつける方法があるのです。



・子どもを厳しく叱ってしつける 

→ 厳しく叱りつけるのがしつけではありません



・親は子どもの指導者

→ と、思っているからうまくいかないのです



・アメとムチでしつける

→ 賞罰で子どもを支配する子育てから一日も早く脱却しましょう。
   あとで困ったことが起きます。



・怒ると叱るの違いを説明できますか?

→両者はまったくの別物です。



・叱るポイントは2つだけです

→このポイントさえつかんでおけば子育てに迷うことはありません。



これからのことについて詳しく学べます。ワークを通して身につけるため
60日間継続して取り組んで下さい。スポーツのようにトレーニングが大切なのです。


勇気づけの関わりで子どもの中に眠る「よさ」を引き出すと、
子どもの自己肯定感が高まり、自分の力を発揮していくのです。



■この教材で得ることのできるメリットをご紹介します
◎子どものよい面をたくさん発見でき、子育てが楽しくなる。
◎目からウロコの連続で、イライラすることも減る。
◎毎日笑顔でいることが多くなる。
◎「勇気づけ」で関わると、子どもが困った行動をしなくなる。
◎子育てだけでなく●●関係もよくなる。
◎自分を見つめられ自分に自信がもてるようになる。
◎教材購入者同士が交流できる「場」がある。
◎1日たった15分なので忙しい方にも効果的!
◎わかりやすく、読んでいるだけで勇気づけられる内容なので楽しく学べる
◎毎日の学びのまとめが格言になっていて覚えやすい
◎小さいお子さんがいたり遠方で、講座に通学できない方にぴったりです。



→  ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法



今のまま、手探りの子育てを続けていきますか?


無駄なエネルギーを使わずに、一本「芯」の通ったコツを知ると、
毎日の子育てが楽しくなっていきます!


現在悩みはないけれど、「勇気づけ」を知りさらに子育てを楽しみたい!
という方にも役立ちます。


子育てには子どもの成長期間という時間の制限があります。
子育てに「遅い・手遅れ」はありません。が、なるべく回り道をしないで
早めに有効なものに出会っていることが、子どものためにも親である
自分のためにも大切だと思うのです。


愛するわが子のために、自分自身のために真剣に学んでみたい、
という方はぜひご覧ください。


→  ほめずに子どもを伸ばす「勇気づけ」の子育て法

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。