妊娠の兆候から出産後まで

妊娠の兆候かなと思ったときから妊娠中、出産後まで気をつけなければならないことやいろいろな手続きについての簡単アドバイス。赤ちゃんが健やかに育ちますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

静脈瘤、下腿痙攣、立ちくらみ、貧血

009239.jpg妊娠中には、つわりや悪阻(おそ)、腰痛のほかにも、子宮が大きくなって膀胱や大腸を圧迫することから、頻尿や便秘、痔に悩む方が多く、また、立ちくらみやむくみ(浮腫)、帯下(たいげ)静脈瘤(じょうみゃくりゅう)、下腿痙攣(かたいけいれん)、その他、貧血や妊娠中毒症などもさまざまな症状が出ます。
静脈瘤(じょうみゃくりゅう) 妊娠中の静脈瘤は、子宮が大きくなるために脚部などの静脈が圧迫されることが原因で生じます。
予防としては長時間の立ち仕事を避け、休息や就寝の際には、脚の下にクッションを敷くなどして脚を高くして休みます。
また、市販の弾力性のあるストッキングや、包帯を巻くことも効果があります。
食事としては、糖質や脂質を制限し、ビタミン類を過不足なく取るようにします。
下腿痙攣(かたいけいれん) 下腿痙攣は、カルシウム不足から生じることが多いです。
妊娠中は、胎児の発育のためにカルシウムは非常に重要です。
カルシウムを豊富に含む食品として、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品、小魚などを積極的にとるようにしましょう。
症状が深刻な場合は、医師によってカルシウム薬が投与されることもあります。
立ちくらみ、貧血 立ちくらみは、急に立ち上がった場合に起きやすいです。
また長時間立ちっぱなしでいることも良くありません。
したがってゆっくりと立ち上がり、長時間立ちつづけないようにします。
貧血の疑いがある場合は、血液検査をします。
鉄分を多く含む食品を食べるようにしましょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。